ヘアー

【ヘアケア】枝毛や切れ毛の正しい対処法を解説

こんにちは!

髪の毛を伸ばしているんですけど、毛先に枝毛や切れ毛が増えてきて困っています。

枝毛や切れ毛を防ぐ方法があれば教えて下さい。

よろしくお願いします。

こんにちは!

ヒロタテツヤです。

ご質問ありがとうございます。

枝毛って一度見つけてしまうと、ついつい探してしまいますよね!

今日は、枝毛の正しい対処法を解説していきます。

枝毛や切れ毛があると他人からみても髪の毛が傷んで見えて良いイメージがしないものです。

枝毛や切れ毛とはそもそもどう言う状態なのか?

枝毛や切れ毛の原因や対処法を紹介していきます。

枝毛とは?

枝毛とは、髪の毛の表面を覆っているキューティクルが剥がれてしまう事で髪の毛が縦方向に裂けてしまい枝の様になった髪の毛の事を言います。

キューティクルが剥がれてしまうと髪の毛の水分量が減少してしまいます。

水分を失った髪の毛は裂けやすくなっています。

そうなってしまうと枝毛になりやすく枝毛になってしまうとカットしない限りは治る事は無いです。

枝毛のできた髪の毛は健康そうに見えてもダメージが進行

していますので、カットする場合はできれば5センチぐら

いはカットするほうが良いと思います。

切れ毛とは?

切れ毛は枝毛とは違います。

枝毛は髪の毛に対して縦方向にダメージが起こっている状態なのに対して

切れ毛は、横方向にダメージが起こっている状態です。

髪の毛の毛先が白くプツプツなっている状態は枝毛が出来ている状態になります。

枝毛もトリートメントなどでは治らないので、カットをして綺麗にする事がおすすめです。

枝毛や切れ毛の原因と対処法

髪の毛が傷む原因は、本当に色々あります。

一般的によくあるものはこんな感じです。

・パーマやカラーの回数が多い

・ドライヤーの温風を当て続けている

・シャンプー&トリートメントがあっていない

・髪の毛をきちんと乾かしていない

・毎日、ヘアアイロンを使う

パーマやカラーの回数が多い

2,3ヶ月に1回ならそんなに問題はないと思いますが、毎月髪の毛全体に薬剤施術することはかなり髪の毛に負担をかけるので、気をつけましょう!

カラーを毎月全体染めるのは傷みやすくなるので根本だけ

染める月もあると髪の毛が休憩できるのでおすすめです。

ドライヤーの温風を当て続けている

髪の毛はタンパク質でできていて、熱にはそんなに強くありません。

ですので、ドライヤーを髪の毛に近い位置で長時間当ててしまうと枝毛や切れ毛の原因になるのでドライヤーの当てすぎも注意しましょう!

シャンプー&トリートメントがあっていない

髪の毛をケアしたいのに、例えば洗浄力の強い頭皮をすっきりみたいなシャンプーを使っていると強い洗浄力でキューティクルが剥がれてしまいダメージの原因になってしまいます。

髪の毛をケアしたい場合は栄養分の多いシャンプーを使うのが良いです。

アミノ酸系シャンプーは栄養分が多いシャンプーなのでおすすめです。

髪の毛をきちんと乾かしていない

髪の毛は濡れている状態が1番傷みやすい状態です。

ですので、髪の毛を洗った後は素早く乾かすことが大事です。

髪の毛を素早く乾かすのにこう言うアイテムもあります。

毎日、ヘアアイロンを使う

毎日、高温のヘアアイロンを髪の毛に当ててしまうと枝毛や切れ毛になりやすいです。

アイロンの温度は、160度ぐらいがいいと思います。

180度や200度はかなり高温なので控えましょう!

最近では、色々なメーカーから傷みにくいヘアアイロンも販売されているので毎日使う方は、使ってみてもいいと思います。

まとめ

今日は、枝毛や切れ毛の正しい対処法を解説してきました。

枝毛や切れ毛のない綺麗な髪の毛を維持したいですね!

ヘアケア頑張りましょう!

最後まで読んでいただきありがとうございます。